2005.03.01  
   
 
 
 

井上俊之プロフィール
1961年大阪生まれ。
原画の質、量、スピード、仕事に対する姿勢、全て揃った日本を代表するアニメーター。「AKIRA」を初めとする数々の劇場作品に参加。その作品歴を詳しく知りたい方は「WEBアニメスタイル・animator interview」に詳しく掲載されていますのでそちらをどうぞ。



   
 

No.01 「Q&Aその1・・・堀川からの質問25」


 ProductionI.Gで「人狼」を制作していたころ、毎週進捗状況を報告するミーティングをしていたんです。そのミーティングに井上さんも参加してもらっていました。井上さんは、原画の平均枚数とか、1週間の達成カット数など、数値にこだわるんです。グラフも要求しちゃいます。自身原画を描く時も、このカットにかかる時間がどれだけかを、かなりの精度で計算されているんです。制作イラズです。そんな井上さんに、今回は数値に関する質問を中心にしてみました。

Q01:劇場作品に専念した場合、年間何カットを目標にしていますか?

A01:ハードなシーンなら120カットくらいかなぁ。

Q02:テレビシリーズの原画は1ヶ月にどれくらい描ければよいと思いますか?

A02:攻殻なら50カットくらいかな。普通のなら70〜80カット。

Q03:例えばその数の原画を1ヶ月にやるとすると、レイアウトで何週、原画で何週ですか?

A03:レイアウト1週、原画3週。(レイアウト1日平均12〜13カット、原画1日平均4〜5カット)

Q04:まず、ざっとラフで進めますか? コンテの頭(カットナンバー順)から進めますか? 描きやすいものから進めますか?

A04:レイアウトは1シーン通してラフで進めてから清書しています。そうしないと、位置関係、対比等がわからないから。1カットずつフィニッシュしないほうがいい。原画は意地でも頭からやるようにしています。

Q05:年齢と技術の上達の関係はどんなものでしょうか?

A05:原画の仕事は才能に任せて描くようなところ半分、修練半分。厳しい修練を若いうちにすれば、ある程度の技術まではすぐに到達できます。その後はジリジリと上達していけばいい。

Q06:動画は1日どれくらいの枚数を描いていましたか?

A0630〜40枚(月1000枚)

Q07:原画は1ヶ月にどれくらいのカット数を描いていましたか?

A07:「ストップ!!ひばり君!」は90カット。「GU-GUガンモ」は100カットくらい。

Q08:作画の見ごたえのあるアニメーションは、テレビシリーズでは何枚必要だと思いますか?

A08:コンテ次第。メリハリがあれば3500枚でも成立するんじゃない。

Q09:いつも何時から何時まで原画を描いていますか?

A09:pm2:00〜am.2:00、途中食事2回。

Q10:1週間に何本くらいアニメーションをチェックしていますか? その選択基準は?

A10:今だとテレビは5,6本。選択基準は@気になる原画マン、A気になる作画監督、B気になる演出の順。

Q11:日本に原画マン(自称は除く)は何人いると実感していますか?

A11:ぜんぜんわかりません。

Q12:何も描きたくなくなったら何をしようかなーなんて考えたことはありますか?

A12:ある。竹細工職人みたいな人になりたいなーって。職人の特集を見るのも好き。

Q13:最初にカリスマと呼ばれたのはいつですか?

A13:アニメスタイル1号です。原稿チェックを見落としてそのまま掲載されてしまった。恥ずかしいのでやめてほしい。

Q14:いつも似たような顔ぶれで劇場大作をやられていると思いますが、平均年齢が上がったことは作品に影響していますか?

A14:はい。完成度は上がっていると願っています。

Q15:作画にやはり演出の素養も必要ですか? その努力もされましたか?

A15:必要ですが特に努力はしていません。作画を追及していれば当 然演出の領域に踏み込みます。

Q16:タイムシートのコマ打ちを見るときに、初心者はこんなところを見ると面白いよってものがありますか?

A16:動きのきっかけから終わりまでにかかる尺。たいてい動きに必要な尺が足りない。

Q17:作品を商品と呼ばれるとムッときますか?

A17:いいえ。全然。

Q18:収入に不満を持ったことはありますか?

A18:何度かあります。

Q19:作画監督を引き受けない理由は何故ですか?

A19:こう描きたいと云う欲求があまりないから。

Q20:描くときに表現のテーマを見つけていますか?

A20:そう云うときもあります。

Q21:腹が立つ原画はどんな原画ですか?

A21:動画、仕上に対して配慮の無い原画。

Q22:興奮する原画はどんな原画ですか?

A22:思いがけない表現があり、且つ効果的な原画。

Q23:どうして原画用紙にいつもコーヒーの染みが?!

A23:いつもコーヒーを飲みながら仕事をしているから。(うっかりものだから)

Q24:原画の仕事依頼が多くて断るのに苦労されていると思いますが、うまい断り方があるのですか?

A24:うまい断り方(相手を傷つけない)があったら俺が知りたい。(*堀川:私は「お金を上げるから原画を振らないで」、と断られたことがあります。意表を衝かれました(笑)。)

Q25:私が日野市に足を向けて寝たことがないのを知っていましたか?

A25:本人が言っていることだからなぁ・・・信じられないなぁ・・・。

 

 

 




No.02 「Q&Aその2・・・アニメーター志望者からの質問26」に続く


 
       
Copyright (C) 2004 PA works Corporation. All Rights Reserved