2005.03.03  
   
 
 
 


   
 

No.02 「Q&Aその2・・・アニメーター志望者からの質問26」


Q01:原画の仕事をされるにあたってTVシリーズと劇場作品とで決定的に違う点は何ですか?

A01:時間的、経済的理由から描ける原画枚数が違う。

Q02:アニメーターになられる前に一番勉強されていたことは何ですか?

A02:専門学校時にやったクロッキーでしょうか。

Q03:海外にどんどん仕事が流れていっても、日本のアニメーションが誇れるものは何ですか?

A03:題材の多さでしょうか。

Q04:どうしたらそんなに細かくリアルに描けるのですか?

A04:・・・?そんなに細かく描いていないのですが・・・?

Q05:空想のモノを動かすときは、どう動きを組み立てるのですか?

A05:実際にあるもので似たような現象、モノを参考にします。

Q06:今までに描いたカットで一番思い出に残っているカットは何ですか? その理由も教えてください。

A06‘攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL’のモトコの海へのダイブシーン。アブクが思ったより綺麗に描けた。

Q07:日常生活の中で『アニメーターの職業病だな・・・』と感じることはありますか?

A07:ビデオで映画などを見ていても、気になる動きがあると巻き戻して見直す。

Q08:‘女性’を強調したキャラクターデザインに嫌気がさします。どう思いますか?

A08:男の恥部を見るようで私も嫌になります。

Q09:一番難儀だった作品は何ですか?

A09:「魔女の宅急便」「人狼」「メモリーズ」のどれかかなぁ。

Q10:理想としているアニメーション作品は何ですか?

A10:うーん?

Q11:動画を始めるまでにやっておくべきことはありますか? 動画時に中割り以外にやっておくべきことはありますか?

A11:いろいろなアングルで人を描く。想像だけで描くことと、観察して描くことを平行してやってみる。

Q12:何歳でアニメの仕事に就きましたか?

A12:20歳。

Q13:モノを見て描くことは得意なのですが、その他に要求される能力を教えてください。

A13:動きを分析して見る能力。

Q14:一度でもアニメーターを辞めたいと思ったことはありますか? よろしければその理由と続けられた理由を教えてください。

A14:無い・・・ですね。行き詰まりを感じたときは、自分より才能のある人から良い刺激を受けることで乗り切ることが出来た。

Q15:動画は原画に比べて機械的な作業と聞きましたが、動画時にどうモチベーションを保ち続けてきましたか?

A15:原画を描くことを夢見て。

Q16:アニメーターの最終目的は何でしょうか?

A16:うーん・・・何でも見たとおりに描けること。

Q17:アニメーションの作画のクオリティーは、今でも進歩し続けているのでしょうか? 頭打ちなのでしょうか?

A17:一見頭打ちのようにも見えますが、やはり進歩し続けていると信じています。

Q18:昔と今のアニメーターとどちらが上手いですか?

A18:一般論ではないですが、自分自身は過去の名アニメーターに対してコンプレックスを感じています。

Q19:どの作品がやっていて一番楽しかったですか?

A19:「とべ!くじらのピーク」「東京ゴッドファーザーズ」。

Q20:何歳まで作画で描き続けられると思いますか?

A20:死ぬ間際まで描いていたいです。

Q21:長年やっていると体に支障がでる職業でしょうか? そうならないように注意することはありますか?

A21:腱鞘炎になる人が多い。力んで描かないようにしています。

Q22:壁にぶつかったことはありますか?

A22:あります。

Q23:作画のアイデアの種はどこから発想されるものでしょうか? 具体的にお願い致します。

A23:日頃の観察からでしょうか。

Q24:海外に流出していく現状をどのように受け止めていますか?

A24:・・・

Q25:海外で制作したものと日本で仕上げたものの決定的な違いはどこに出てくるものなのですか?

A25:「動画と仕上」と云う意味ならその差はほとんど無いと思います。

Q26:3Dと手描き、どちらが好きですか?

A26:手描きですね。ただ、3Dでも人形アニメもクレイアニメもどれも好きです。「動き」を‘手作り’しているものなら全て好きです。

 



No.03 「とんと手が回らない」に続く


 
       
Copyright (C) 2004 PA works Corporation. All Rights Reserved