2004.12.03  
   
 
 
  Q&A
   
 

No.17「俺の組み上げたエギゾーストパイプが世に出ない?」

この業界に懸けていくってことに対してはロジックがあるんだ
神山:三菱がね、ベトナムに工場を作った時に、部品を持っていったら向こうの人は車を組み立てる知識はそこそこあったんですよ。それでね、輸入されてラインに乗せる前の、倉庫に積み上げられた部品を、みんな勝手に使ってマイカーを作っちゃったんだそうです。待て、待て、と。車には規格というものがあって、全製品均一のものを作る。これが自動車メーカーだって云うことを現地の人に教えるのに相当時間がかかったそうです。「なんでだ?」と、「俺の組み上げたエギゾーストパイプの方が排気効率いいぜ」。ある意味良かったのかも知れないけど(笑)、そんな車は商品として世に出ないんだって云うことを強要していくのは相当大変だったそうです。でも、そうじゃないと自動車メーカーは成立しないんです。アニメーション業界は自動車メーカーじゃないよって言うかもしれないけど、作品を作っていく上で、会社を維持していく上で、これから先俺たちの将来をこの業界に懸けていくってことに対してはロジックがあるんだって云うね、それを押し通さなきゃいけない時もあるんですよ。

いや、6で行こう
神山:監督をやってみて、嫌な面もいっぱいあるけど、それを差っ引いて余りある良さがそこから先にあるはずだと云う確信も得た。そこでの責任は厳しいけど、やっぱりそれを進めていかない限り現状は変わらないんですよ。だからやっていこうと思ったしね。攻殻の荒巻というキャラクターを見てたからそう思ったのか、そう思っているものが荒巻というキャラクターにフィードバックされたのか、どっちが先か判んないけど。何か問題が起こったとき、6:4で、もしかしたら4くらい間違ってるかもしれないけど、この6に懸けて全員6に向かわせなければって云うね、当然4じゃないですかねぇって人もいますよ。でも、いや、6で行こう。6の方で。これはしょうがないんだよ。で、間違えたら、間違えたと気づいた瞬間に、スマンスマン!間違えだった。4だった!って、傷が小さいうちにね。それを意固地になってたらダメなんですよ。これはね、やっぱり、まだ俺にはできないですよ。俺もまだ尻が青いから、なかなか。でも、それを認めて軌道修正してトットとそっちに行く。敗北だと思って石頭になってるとヤバイことになるからね。

No.18「モー娘の誰かと結婚する為に動画20枚」に続く

 
       
       
           
           
Copyright (C) 2004 PA works Corporation. All Rights Reserved