2005.01.19  
   
 
 
  Q&A
   
 
No.36「石川さんのポケットの中身@
―動画のお姉ちゃんがBMで通勤する日―

とにかく逆なの
堀川:石川さんはどういったスケールのことを考えてるんだと判ったら、社員も鼻息荒くなるし、見習って頑張ろうって気になると思うんだけど、何故か全然語らないよね。そこは一人でやってる。やってることに気付いた時にはもう結果が出てることが多い。
神山:それがスゴイのかもね。今回の攻殻でも夢の第一歩までは来たと思うんですよ。本当に少しずつ少しずつ勝ち取ってるわけです。型破りだし、すごい度量があるしね。石川さんの最終的な目標は、「動画のお姉ちゃんがBMで通勤できるまで俺がしてやるよ」って、たぶんそう思っていると信じたい。ディズニーの仕上がロールスロイスとは言わないけど、ベンツで通勤しているなんて話もある。石川さんはそこまでしたいと思っているんだよ、多分。だけど、したいとは思っているんだけど明日にはならない。しかも、君達がサボっていたらならないよって言っているんだと思うよ。言葉の裏にどう云う意味が隠されているのかを考えると、本当に素敵だなと思う反面、怖さはもるんですよ。石川さんはよく本音と逆のことを言うしね。ニコニコしながら「偉いなー○○は」とか「うーん、そのジャッジはいいよ○○」なんて言っている時は、たぶん怒られてる時だから。冷や汗出るよね。お金がある時こそ締めるし、会社が一番厳しい時にすごい社員旅行に連れて行ったりとかね。だからみんな判りかねるところはある。判りやすく恐怖政治を敷いてトップダウンで全てを行っていくタイプじゃないんだよ、きっと。だからこそ、石川さんは何を考えているんだろうかとか、こう考えているかもしれないって理解して、じゃあ俺の立ち位置では何をすべきかってことは考えるよね。
石川さんに「この企画どうかなー」って言われるのも非常に怖いよ。『うわー、これは絶対にやれってことなのかなー』と思って―攻殻の時はそう思った―「いいと思いますよ」って答えたら、「ええっ!うーん、そうか・・・、じゃあ考えなきゃな」。『!?』って言う時もある(笑)。何も考えていないのかもしれないし、本当にわからないんですよ。

No.37「石川さんのポケットの中身A」
―本田宗一郎がピストンリングを磨き終えた日
―に続く

 
       
       
           
           
Copyright (C) 2004 PA works Corporation. All Rights Reserved