作画のとび箱  
 
 

 

 

No.10 描かれているものが全て

* 今の自分の能力ではどうしても描けない動画が入ったときに、それを必死でやるのか、それともとりあえずやって、あとはお願いしますでいいものなか・・・

吉原:ああ、うん、簡単。今自分にある能力で出すしかない。背伸びしようが何しようが実力以上のモノは出ない。今の自分の能力で勝負するしかない。それで、リテークが返ってくるって云うことは、今の自分の能力がそこまでたってことだね。返ってこなくなれば、メキメキと上達しているんだなってことだと思うよ。四苦八苦してもどうしようもない。そこに裏技は無いから。描いてあるものの出来が全てなの。俺らの職業ってそんなものなんだよ。例えばここに1枚の絵があってね、すごくデッサン力があったとしよう、これがすごく苦労して時間をかけて描いたものであろうと、酒飲みながら足で描いたものであろうと、すばらしと人が認めてくれればいいんだよ。そこまでの過程は評価されない。出来が勝負。動画もよくやってるよねって見ててやることはできるけど、実際の上りでしか判断されない。今は自分がベストと思われるところで出して、直されるなりすればいいんじゃない? 実力を上げたいんだったら数をこなすしかない。
 動画のうちが一番絵の枚数を描くわけよ、1枚絵で言えば。考えてみろ、学生のころこんなに描いたか? 描かないよ。プロってこんなに描くんだよ。他の美術系の仕事でも君の今の枚数、月200枚以上も描かない。つまりこんに描くっていうことは、それだけ上手くなるのも早いんだよ。つまりプロは1日の密度は濃いんだよ。それを1年積み上げたら伸び率が全然違う。だから放っておいても気づいたら上手くなっていますよ。


No.11 「疑問の答えは動画の中にある」に続く





 
 
           
Copyright (C) 2004 PA works Corporation. All Rights Reserved