作画の跳び箱 - V.H. of SAKUGA



「大将に聞いたこと」

2005.10 富山本社にて
吉原 正行(よしはら まさゆき)
1968年生まれ。アニメーターとしてスタジオライブに入社、後フリー。
原画参加作品は「幽遊白書」、「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」等。
「八犬伝新章」参加中に美術監督を担当していた神山 健治氏(攻殻機動隊S.A.C監督)
と出会い、その後徐々に演出にシフトしていく。「メタロッド」「人造人間キカイダー」
の絵コンテ演出を経て、2001年よりP.A.WORKSの演出となる。「攻殻機動隊 S.A.C」
では1st、2nd GIGを通して7本を担当した。通称"大将"。トレードマークは黒の中折帽。

動画マン 「ひと月に500枚の動画を描くために」

No.01 丁寧に仕上げることとスピードの両立

No.02 どの工程を端折るか

No.03 1枚単位で時間を短縮する訓練

No.04 数と内容の美学

No.05 2年後の自分を想像できるか

No.06 日々ささやかな目標を立てるのも訓練

No.07 目標をクリアしていく自分を体感する

No.08 マックスまで時間を使わない

No.09 フィニッシュワークに対するこだわり

No.10 描かれているものが全て

No.11 疑問の答えは動画の中にある

No.12 動画はポケットに疑問と飴玉を詰め込む期間

No.13 早く原画になれ

No.14 机の上では学べないこと


原画マン 「原画を描き始めて」

No.15 原画担当シーンの選び方

No.16 探求する姿勢―その1

No.17 探求する姿勢―その2

No.18 原画のプランニング―その1「動きに対する適正な原画位置と枚数 」

No.19 原画のプランニング―その2「中割に任せた方が上手くいくもの」

No.20 原画のプランニング―その3「原画の作業手順」

No.21 原画のプランニング―その4「芝居のつけかた 」

No.22 タイミングのつけ方 3コマ、2コマ、1コマ

No.23 取り組みに対する姿勢


面談後 「育成する側の課題」

No.24 育成を始めた頃に痛感したこと

No.25 会社が出来ることは

No.26 「あの頃」の現場

No.27 その面白味を教えてやれるか

No.28 育成者の姿勢 (最終回)