Stance Stance Stance
   
  No.13 「3Dと画面構成」

堀川:3Dスタッフが考えていることには僕も興味があるんです。このスタッフ紹介でも遠藤(真)さんに聞こうと思っているんですけど、今3Dの領域がどんどん他のセクションを侵食している。3Dレイアウト出力に関してもそう。この状況のどこかに歩留まりはあるのか、この現状を3Dスタッフはどう思っているのかって云うのは、僕も聞いてみたいことです。でも、そうなったとしても、遠藤さんが「これはある意味両刃の剣だけれど、それでも3Dスタッフは前に進んで行く、前倒しでやって行く」と決起集会で言われた。
中村:ええ。
堀川:それは非常に興味があるところなんですよね。フル3Dではなくて、上手く手描きアニメーションと融合されているようなものを目指しているのか、「ベルヴィルランデブー」のような、ああ云う融合の形なのかなとは思いつつ。遠藤さんが言われるように「攻殻の3Dは、前面に出て行くものが目標ではなくて、作画ありき、背景ありきの3Dだと思っている」と。そのスタンスの先にある目標を、是非今度聞いてみたいと思っているんです。
中村:3Dは本来背景とか小物じゃないと思うんですよ。それ単体でアニメーション作品がいくらでも作れる技術だと思っているんです。手描きのキャラクター、手描きの背景ありきで、その中での3Dって云う話は、攻殻S.A.Cに関しての方向性だと思うんですよね。もしかしたら遠藤さんも、いずれは3Dだけの作品を作って見たいと思っているとは思うんですけど。
堀川:攻殻に関しては作品との折り合いをつけているみたいですよね。
中村:ええ。
堀川:やっぱりワンフロアーで作業していても、3D班とアニメーターとの対話の機会がなかなか無いので、そう云う機会を作ってもいいですよね。もっとスタッフ全体の話し合いの場を持とうよって監督も言っていたんですよ。
中村:そうですね。
堀川:それは面白いテーマかもしれないですね。
中村:今のところメカの動きに関しては、作画でラフだけ入れて、アニメート自体もう3Dの方がされているわけなので、そう云う意味では今後キャラクターさえ3Dで作れれば、いくらでもアニメートできるようになると思うんですよね。ただ、どうなのかな、それをアニメートできることと、画面の構成はちょっと違うのかなと思うところがあります。やはり、ここで何を見せたいのかを意識した画面が作れないとね。その辺の話、画面構成でどこまでフレキシブルな対応が出来るようになるのかを、3Dスタッフに聞いてみたいなって云うのはありますよね。

   
   
Copyright (C) 2004 PA works Corporation. All Rights Reserved