Stance Stance Stance
 
  No.14「何をおいても嫌なんですね」

堀川:では田中さんの、撮影チームの、喜びってなんですか?
田中:やっぱり「ここどうやったんですか?」って聞かれることですよね。
堀川:撮影処理的なこと?
田中:ええ。デジタルになった時点で、演出さんはどう云う処理が施されてこの画面が出来たかもう分からないと思うんですよ。そう云うひと盛りをしているつもりなので、よく分からないけれどこう云う画面が出来たと思ってもらったら、それが喜びですね。だからこそ次も仕事が来るんだと思っているので、そう云うものを提供し続けていきたいです。僕個人の喜びは、そうだなぁ、素材を見たときに、こうしたいんだって云うイメージがパーンと閃くときがあるんですよ。それがあれば後は手を動かすだけなんですけれども、完成映像が、初めにパーンと来たときのイメージ通りだったときには非常に気持ちがいい。それがあるからこの仕事をやれていると思います。それともう1つですね、どんどん状況が逼迫していく中で何とか責任を持って終わらせたって云うときが(笑)。
堀川:そこは撮影セクションのね、ホントに、本当に責任感だと思うんですけれども。
田中:ええ。
堀川:制作進行で初めて担当話数を持ったときに、僕は撮影に育てられたと思うんですよね。撮入れ予定を出すことで先の数値の読みを覚えたので、撮影セクションとのやりとりが制作のシミュレーション能力を訓練すると思うんです。でも、9スタのように社内に撮影があることで、すぐに対応してくれるメリットはありますが、制作とゆるい関係が出来がちですよね?
田中:(笑)
堀川:最終防衛ラインで支えているセクションじゃないですか、撮影は。その負荷は業界に入ってからずっと見てきているので、そこはもっと大きな声で言うべきだと思うんです。
田中:「この人、何で怒っているんだろう?」みたいな反応があると空しくなる(笑)。でも、それで間に合わなければ「撮影が撮り切れませんでした」と言われてしまうんです。それは、何をおいても嫌なんですね。撮影にカットが入らない理由を聞くと、よく「(仕上)検査が終わらないんです」って言われる。多分どのセクションもそう言われるのは嫌でしょう? だから両足つっこんででも水際で止める。

   
   
Copyright (C) 2004 PA works Corporation. All Rights Reserved